気になっていたアノCM

きっとあなたも気になっていたCMを、動画とともに紹介!

Uncategorized

今年人気のあった男性は!? 2016年CMキング予想まとめ


▼相葉雅紀

『2016上半期タレントCM起用社数ランキング』、男性部門は、人気グループ・嵐の相葉雅紀が12社で3年連続の1位。

「池田模範堂」、「NTTドコモ」、「エバラ食品工業」、「カルビー」、「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」、「キリンビール」、「キリンビバレッジ」、「コーセーコスメポート」、「日本航空」、「日本郵便」、「日立」、「メルセデス・ベンツ日本」の計12社に出演しました。

「嵐」のメンバーは、単独でのCM出演のギャラはメンバー全員「5000万円」と、事務所の方針で決めているそうですね。

▼櫻井翔

男性部門の2位には、同じく嵐の櫻井翔。

嵐の二宮和也も2位に並びます

『2014タレントCM起用社数ランキング』では、テニス解説者でタレントの松岡修造と並んで11社で1位となった。

大スターでありながら、偉そうな感じもないし、謙虚な姿勢が感じられます。

櫻井さんがうけている理由でしょう。

▼錦織圭

錦織圭選手が出演するCMは、UNIQLO(ユニクロ)/日清食品/森永製菓「ウィーダinゼリー」/LIXIL(リクシル)/ウィーヴァジャパン「エアウィーヴ」/JACCS/アサヒビール/JAGUAR LAND ROVER JAPAN(ジャガー)/P&G/久光製薬。

錦織圭は2015年11月末になんとウィルソンと現役終身契約を結んだんです。

引退するまでウィルソンのラケットを使い続けるということですね!

▼松岡修造

松岡さんをCMに起用したいというクライアントは多く、代理店がクライアントにオファーする金額は、5000万円前後です。

もともとあの暑苦しいキャラが受けて、CMにも多数出演、テニスだけでなく、フィギュアスケートのリポートまでやっていたところに、錦織特需でウハウハです。

数あるCMやテレビのギャラに加え、カレンダーの印税などを加えれば、年収は教え子の錦織圭に匹敵する5億円に達するともいわれる。

-Uncategorized