気になっていたアノCM

きっとあなたも気になっていたCMを、動画とともに紹介!

Uncategorized

FF15!?いえいえ「CUPNOODLEXV」のCMがハイクオリティすぎる!ってどういうこと?


今から丁度1週間前に、FF15発売記念としてカップヌードルの差し入れを行ったところ、「ありがとう、CM作るね!」と二つ返事をしたことが話題になっていた。

FF15が本日発売。本社同士がご近所のスクエニさんにカップヌードルを差入れしたら、こちらが若干引くほど喜んでくれて、何とCMまで作ってくれることに!ラッキー! #FF15 #カップヌードル pic.twitter.com/Iax7OPnX4O

そして本日、ついにそのCMが完成し、公開された!

本社同士ご近所のよしみで本当にスクエニさんがFF風のカップヌードルのCMを作ってくれました!いまだ!FF15やろう!#FF15 #カップヌードル
cupnoodle.jp/cupnoodle15/ pic.twitter.com/xWkvNZMkCC

案の定、FFファンは爆笑の嵐に包まれている

レガリアから崩れるカップヌードルで駄目だったし最後の王子で更にだめだった。

FF15とカップヌードルのコラボCMくっそわろたwwwwww

カップヌードルCM 「CUP NOODLE XV 篇」 youtu.be/bvaTAgkWy6c FF15は本当にイッちゃってるな!

なんかカップヌードルに浸かってるやついたなwww

カップヌードルCMがカオスすぎたwww

FF15とカップヌードルのやつやばい

以下、追記(FF15について若干ネタバレあり)

2016年11月29日、長い開発期間を経てついにファイナルファンタジーⅩⅤ(FF15)が発売された。
発売前の体験版の時点で期待のFF正式ナンバリングということもあり、ゲーム実況者の投稿動画が視聴者の耳目を集めていた。

その出来栄えについては他の記事に譲るが、PS4の能力を十分に生かした高いグラフィックは、おにぎりや日清のカップヌードルなどの生活小物にいたるまで美麗に描かれ、期待を高めていたプレイヤー達をうならせるには充分であり、次世代機ゲームのこれからを印象付けるものであった。

しかし、その真摯に作られた美麗なグラフィックが、ある時点の展開において起こった滑稽な結果に対し、神懸かった笑いを提供することになろうとは発売前には誰にも予想できなかった……

以下、ネタバレ

喜劇の幕が上がったのはゲーム最終盤、ラスボス前の部屋のイベントである。

旅の仲間たちと道中で撮影した写真をひとつ選び、その思い出を胸に抱きラストバトルに挑むという美しい展開なのだが……

そこに残っていたのは、あまりにもリアルな「日清カップヌードル」を被写体にした写真一枚のみ。

「旅の思い出が蘇るね これ撮る前とか 撮った後までさ」と、いかにもアルバムにたくさんの写真が収められているかのようなセリフを投げかけるゲーム内のキャラ達に対して、実況者は思わず呟いた。

「嘘だろう…旅の思い出がこれしかねぇ!」

実況者は決してネタプレイに走っていた訳ではないが、どうあれ一枚写真を選ばなくてはイベントが進行しないため、嫌でもこの「日清カップヌードル」の写真を思い出の一枚として選ばざるを得なくなったのである。

それだけでも十分な笑撃であったが、真の笑いの神はこの後に降りてきた。

ラスボス戦も終わり、FFのメインテーマが流れる美しいエンディング映像の最中、物語を締め括るように一枚の写真が映し出される。それはプレイヤーが自ら選んだ、思い出の一枚であった…

そう、あのラスボス戦前に選んだ「日清カップヌードル」の写真である!

感慨深くこの写真を眺める主人公達の心境は果たしてどのようなものであろうか…

計らずしもこの実況者は、10年と300億円を費やした大作RPGのオチを「日清カップヌードル」の宣伝で締め括るハメになってしまった。

この出来事がきっかけで彼は光の戦士"カプティス"と呼ばれるようになる。

これも大分話題になってたみたいですね
これは通称カップヌードルEDという名称までできてしまった程の反響だったみたいです

FF15の世界にはそもそも様々なものがある。

FF15世界にはカップヌードルどころかユニクロもあるしタイトーもダライアス初代もあるしヘッドホンとかのビーツもあるしほとんど右車線走行になった日本

-Uncategorized