気になっていたアノCM

きっとあなたも気になっていたCMを、動画とともに紹介!

Uncategorized

資生堂CMに批判殺到!なぜ「セクハラ」とみなされた?


資生堂CM セクハラ批判で公開中止

化粧品ブランド「インテグレード」のCMがセクハラと批判され、公開中止に至った。

広報担当者は取材に対し、「こちらが本来意図していたメッセージが、視聴者へ十分に伝わらなかった」などと説明。テレビ放映の終了に併せて、資生堂公式サイトに掲載されていたCM動画も削除するとしている。

資生堂CM①「25歳からは女の子じゃない」

今回批判を浴びた資生堂のCMは2種類あり、いずれも「25歳の女性」をテーマとしたもの。
こちらのCMが第1弾。

9月3日にウェブ公開された第1弾のCMには、小松さん演じる「ナナ」が25歳の誕生日を迎えたことについて、森さんと夏帆さんが演じる同性の友人が、
「今日からあんたは女の子じゃない」
   「もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない」
   「カワイイという武器はもはやこの手には、ない」

といった言葉を浴びせる場面がある。その後、こうした同性からの厳しい意見に触発された女性が、「なんか、燃えてきた...」と決意する様子が映し出される。

資生堂CM②「顔に出ているうちはプロじゃない」

続いて第2弾のCM。
こちらも批判が殺到した。

その内容は、疲れた様子で仕事に打ち込むナナ(小松さん)に対し、男性上司が、

  「(頑張っている様子が)顔に出ているうちは、プロじゃない」

と指摘するという展開だ。

資生堂CMなぜ「セクハラに」?

問題となった資生堂の2種類のCM。
どちらのCMも視聴者からは「セクハラ」と批判を浴びた。
では、具体的にどういった点が「セクハラ」にあたるのか。

こうした内容のCMに対し、ツイッターでは「広告で何の疑問もなく女性差別をするって何考えてるんだ」「えっなんでまだこの価値観???  今昭和??? 」といった批判が女性ネットユーザーを中心に相次いだ。

第1弾の資生堂CMでは「あんたは女の子じゃない」「もうチヤホヤされない」などのセリフが女性蔑視にあたると視聴者にみなされた。

第2弾に関しては、男性上司のセリフがセクハラとみなされ批判の声が相次いだ。

これに対し、ネットでは「またしんどい生き方を助長」「へー女は仕事ができても疲れた顔してるとダメなんだ」「『女性はどんなに疲れていても余裕をなくしても、いかなる時もキレイでいなければいけない』という強迫観念を、公共の電波を使って発信している」など批判が殺到。さらに男性上司の発言については「セクハラなのでは」という声もあがっていました。

資生堂、CMの本来の主旨を説明「女性を応援するため…」

「セクハラ」問題となった2つのCMに関して「本来伝えたいメッセージがうまく伝わらなかった」とコメントした資生堂。
これらのCMは本来大人になろうとする女性を応援するという意図が込められていた。

こうした批判を受け、資生堂は10月7日にCMのテレビ放映の終了を決定。同社広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、

  「大人の女性になるために試行錯誤している女性を前向きに応援するという、こちらが意図していたメッセージが視聴者に十分に伝わらなかった点などを総合的に判断した結果となります」

と説明した。その上で、同社の意図していない捉え方をする視聴者がいたことについては、「非常に残念に感じている」と話した。

-Uncategorized