気になっていたアノCM

きっとあなたも気になっていたCMを、動画とともに紹介!

Uncategorized

まるでハリウッド映画。CM「ペプシ桃太郎」の新展開が話題に。


□ペプシの人気CM「桃太郎」の続編が公開された

CMとは思えないほどの壮大な世界観が人気のペプシの「桃太郎」シリーズ。

小栗旬主演の桃太郎のストーリーが、映画と見まがうような壮大なスケールの世界観で展開する「ペプシ」CMシリーズ。

本シリーズは、2014年に3本、2015年に1本をオンエア。スタートした2014年には、一般社団法人全日本シーエム放送連盟主催“ACC CMフェスティバル”で最高賞の総務大臣賞/ACCグランプリに選出されたほか、YouTubeではシリーズ累計で750万回以上再生されるなど好評を博している。

2014年から始まった人気CMシリーズ。これまで桃太郎、犬、キジに焦点を当てた物語を公開してきた。

桃太郎が宮本武蔵のもとで修行を積む姿を描いたものなど、これまでさまざまなバリエーションのCMが制作されてきた。

□今回公開されたのは「Episode.4」

出典n.mynv.jp

前作から約1年ぶりの新作となる。

巨大な鬼が登場する壮大な世界感と、小栗旬さん演じるイケメンすぎる桃太郎が「めちゃくちゃカッコイイ」と話題になったペプシのCM、続編がついに公開されました。

「Episode.4」篇では、桃太郎の宿敵である“オニ”の過去に隠された、悲しくもドラマティックなエピソードが語られる。

「Episode.4」では桃太郎の宿敵、鬼の過去が明らかに。

□今回、オニの役を演じたのはあの「ジュード・ロウ」

これまで1弾から3弾にかけて、それぞれ桃太郎、犬、キジに焦点を当てた物語が紡がれ、YouTubeで累計750万回以上再生されるなど人気を博してきた本CMシリーズ。待望の4弾では、何とジュード・ロウふんする鬼が登場。

島一番の勇者であり、慕われていた“オニ”が、人間に裏切られ、怒りや悲しみであの“鬼”へと変貌を遂げていく今回のエピソード。この複雑な役を、セリフが一切無いこのCM上で、ジュード・ロウさんが見事な演技力で表現しています。

□ジュード・ロウといえば少し前にも話題になったCMがあった

7月には「ペプシ・ストロング5.0GV」のCMに出演していたジュード・ロウ。

緊急来日した理由について「ペプシ桃太郎のCMに出演するからさ」と語っていたロウ。具体的な内容に触れなかったことから、ネット上では役柄に注目が集まっていた。

□CMの1番の見どころは終盤の対決シーン

出典n.mynv.jp

小栗旬とジュード・ロウ。2人の生み出す迫力はまさに映画のそれ。

オニの壮絶な過去をセリフなしで体現したジュードの名演もさることながら、終盤、刀を手にした小栗ふんする桃太郎との対決シーンは圧巻だ。

小栗旬さんが演じる桃太郎と、ジュード・ロウさんが演じる”オニ”が心象風景の中で対峙するシーンは、この作品の中でも1番の見どころ。2人の張りつめた緊迫感が撮影現場を覆いました。

2人の真剣な眼差しの交錯とオーラのぶつかり合いに、現場にいたスタッフ全員が圧倒されたという。

2人の対峙するシーンは必見。

□このCMはネットでも大きな話題になっている

ペプシ桃太郎、ジュードの瞳の演技やばすぎでしょ…イヌ回、キジ回に続き見れば見るほどガチ泣き。ぜんぶ神回ってどういうこと pic.twitter.com/hZczOR01z2

-Uncategorized