気になっていたアノCM

きっとあなたも気になっていたCMを、動画とともに紹介!

Uncategorized

全米で大炎上! ケンダル・ジェンナーが出演するペプシのコマーシャル


ケンダル・ジェンナーと言えば、アメリカで知らない者はいない21歳のスーパーモデル。2016年のヴォーグ9月号、いわゆるセプテンバー・イシューで表紙を飾り、名実ともにトップモデルの座を手にしました。

ケンダル・二コール・ジェンナーは米国のファッションモデル、テレビタレント、女優。カーダシアン一家に密着したE!のリアリティ番組『キーピング・アップ・ウィズ・ザ・カーダシアンズ』への出演で知られている。
生年月日: 1995年11月3日 (21歳)
生まれ: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
身長: 179 cm
兄弟姉妹: Kylie Jenner、 キム・カーダシアン、 クロエ・カーダシアン、 もっと見る
両親: クリス・ジェンナー、 ケイトリン・ジェンナー

米ペプシコ、ケンダル・ジェンナー起用のCM「炎上」で配信中止  reut.rs/2ncAxYI @Reuters_co_jpさんから

ケンダル・ジェンナー、ペプシ・マックスのキャンペーンに登場 【ビッグセレブ】ift.tt/2oF2bxu

ケンダル・ジェンナー、ペプシ・マックスのキャンペーンに登場【ビッグセレブ】 big-celeb.jp/2017/04/post_1…

ケンダル・ジェンナーは社会問題に関心の高いしっかり者なのに、今回はペプシ広告の騒動に巻き込まれて気の毒です。企業が政治や社会問題を広告で扱うことへの疑念は、過去にもオリビエロ・トスカーニによるベネトンの広告で指摘されました。メッセージが正しくても動機が不純だと嫌悪される問題です。

父親は元五輪選手で最近では性転換手術を経て女性に生まれ変わったブルースあらためケイトリン・ジェンナー.

ケイトリン・マリー・ジェンナーは、アメリカ合衆国の陸上競技選手。十種競技の元世界記録保持者で、1976年モントリオールオリンピックの金メダリストである。旧名はブルース・ジェンナー。性同一性障害を公表し、女性名のケイトリンに改名した。
生年月日: 1949年10月28日 (67歳)
生まれ: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 マウント・キスコ
身長: 188 cm
子供: Kylie Jenner、 ケンダル・ジェンナー、 ブロディ・ジェンナー、 カッサンドラ・マリノ、 ブランドン・ジェナー、 バート・ジェナー

姉はパリス・ヒルトンの元親友でソーシャライトのキム・カーダシアン。

キンバリー・カーダシアン・ウェストは、アメリカ合衆国のソーシャライト、リアリティ番組パーソナリティ、モデル、女優。彼女は最初、パリス・ヒルトンの友人とスタイリストとしてメディアの注目を集めたが、2007年に元恋人レイ・ジェイとのセックス・テープが流出したことで、広く認知されるようになった。
生年月日: 1980年10月21日 (36歳)
生まれ: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
兄弟姉妹: Kylie Jenner、 クロエ・カーダシアン、 ケンダル・ジェンナー、 もっと見る

パリス・ホイットニー・ヒルトンはアメリカ合衆国のソーシャライト、ファッションモデル、ファッションデザイナー、女優、歌手。 ウィキペディア
生年月日: 1981年2月17日 (36歳)
生まれ: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
身長: 173 cm
兄弟姉妹: ニッキー・ヒルトン、 コンラッド・ヒューズ・ヒルトン、 バロン・ヒルトン
両親: リチャード・ヒルトン、 キャシー・ヒルトン

キムの夫はヒップホップ界の異端児カニエ・ウェスト。

カニエ・ウェストは、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のミュージシャン、ヒップホップMC、音楽プロデューサー、ファッションデザイナー。
生年月日: 1977年6月8日 (39歳)
配偶者: キム・カーダシアン (2014年から)
子供: セイント・ウェスト、 ノース・ウェスト

カニエ・ウェストは、元NFLスター選手のO・J・シンプソンを無罪にした敏腕弁護士

O・J・シンプソンは、カリフォルニア州サンフランシス出身の元プロフットボール選手、俳優。 O.J.のイニシャルで知られ、「ジュース」の愛称で呼ばれた。引退後、アメリカンフットボール選手としてプロフットボール殿堂入りした。1994年に発生した元妻の殺害事件の被疑者となったことでも知られる。
生年月日: 1947年7月9日 (69歳)
生まれ: アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンフランシスコ

アメリカでも有数のセレブ・ファミリーに生まれ育った異父姉妹は、全米女性の憧れの的といっても過言ではない。

そんなセレブ一家の四女であるケンダルが出演するペプシのコマーシャルが、ただいま米国で大炎上中なんです。

撮影中のケンダルは、デモ行進中の男性と目が合った瞬間に身につけていた金髪のウィッグを投げ捨てます。ペプシをつかみ、そのまま行進の輪に加わるケンダル。手にしたペプシは傍にいた警察官に渡し、最後は拳を上げて会心の笑みを見せるのでした

死者を出すほどに激化した対立を記憶するデモ参加者あるいは賛同者は、ペプシを手渡せば全て丸く収まるといった安易なイメージをCMが与えたとして猛反発したというわけです。一部のツイッターには、何千件もの”いいね”がつきました。

2015年頃から白人の警察官が黒人を殺害する事件が相次ぎ、全米で”黒人の命も大切(Black Lives Matter)”旋風が吹き荒れました。デモ隊と警官隊の激しい衝突は、黒人男性が射殺される悲劇も生み出します。

ある女性は、「ペプシはCMを製作した意図を説明しなければならない」と抗議。

ペプシ側は、「違う人生を歩む人々が一つになる姿を描く世界向けのCM」と説明しています。

-Uncategorized